「Birthday beach」1日だけ現れては消えるレストラン 〜作品を読むパーティ〜

清水裕貴, 誕生日の海岸


写真家であり小説家である清水裕貴の展覧会最終日に、
同タイトルの小説「誕生日の海岸」の朗読と合わせたレストランイベントを行いました。



清水裕貴, 誕生日の海岸


清水裕貴, 誕生日の海岸




▷ 参加者からの声

「清水さんの作品から感じる生温くゾクッとする、けど心地よい
 不思議な空気を、味覚で感じる、素晴らしい体験でした。」

「参加者の方々の意見を聞けて、読み返しても、写真を見返しても
 何度も楽しめました。」

「ページが解体されたような形で、パラパラと断片を渡されると、
 どんな風に感じるのだろうか?と思っていましたが、
 一文一文がとても鮮やかで、展開というものは、
 一つの言葉で描くことができるのだと驚きました。」

「小説の世界が、現実に本当に、瞬間的に現れた感じがしてはっとしました。」

「ヒトは現実だけど生きているのではなく、こうした共感覚が入り混じる中で
 生きているということを再確認した。」

「作品を鑑賞する時に、時間、天気、季節、匂いなど・・・
 とても深く関係するんだなーと思いました。」

「写真×小説×食事という五感をフルに活用した展示で
 作品の世界観にどっぷり浸ることができました。」






清水裕貴, 誕生日の海岸     清水裕貴, 誕生日の海岸    清水裕貴, 誕生日の海岸


清水裕貴, 誕生日の海岸

小説に登場する料理をイメージした牡蠣の料理 

コメント