スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

ピピロッティ・リスト「-あなたの眼はわたしの島-」水戸芸術館

  多少の寝不足もあったのか分からないけれども、 驚き!とか、感動!とか、もう素敵・・・!という、心がグラっと生唾をゴクっと飲むよりも、 こんなにも人って生物なのかと、クローズアップした人ってこんなにも植物なのかと。 単純にマクロなカメラで世界を捉えただけなのが、そう見えるっていうことではなくて、 チンコみたいな生物もそういえばいたなぁとか、 なんかっぽいけど、これって縮こまって萎んでいるチンコが写っているなぁーとか、 水って土と一緒になっていて、睫毛って生えてるななーとか。 暗い空間の中でふと思い出したのは、 あれは奥深い山の中のこと。車のライトも消して真っ暗の中。その時に、 死ぬ怖さというのではなくて、生きている怖さを感じたという体験。 人によっては、それは海を見ていて怖いという人もいるだろうし、 ”宇宙”と聞くと、その怖さが想像できる人もいるかもしれない。 どちらかと言えば、波の音って気持ちがいいよね、とか 自然の中って癒される〜という安心感とかリラックスではない方の、自然の在り方というか、 毛ってびっしり生えてんなぁ〜、皮膚ってすげぇなぁという。 でも、その視点を植物とか静物へ向けている時には 「そりゃ、猛禽類とか、多足類とかは、そんなもんだよね」という、 何かそれはそれで”別”と、なんか私のことじゃないように区別していることが、おかしくなってくる。 そんなことを、どの部屋にいても感じました。 壁面で顔をつぶしているピピロッティーは、 きっと気持ちとしては、目もグリグリやりたかったんじゃないかなとか、 洗濯物のように並ぶ下着を見つめながら思ったのでした。 どこか、( きっと男目線からすると ) なんか白い下着は恥ずかしいですね。 白いってだけで、そんなことを感じるなんておかしいですよね。 赤いだけのものがあった棚の部屋もあったけれど、 赤いだけの下着だったら恥ずかしくないと思った。 白いというのは、どこか羞恥ですね〜 白いだけの植物は、特に恥ずかしいなんて思わないのに。 もしかしたら、最初の部屋で壊していた"車のガラス"というのは、 そういう存在なのかもしれないとも思いました。

最新の投稿

「 -ちこちこ小間ごと- 」 山口 晃 / ZENBI鍵善良房

「リフレーミング」山城 知佳子 / 東京都写真美術館

キンコサンチ / 9月からの金継ぎ教室のお知らせ

「PLAY!たぐコレ」アートカードゲームが発売となりました!

千葉市初の芸術祭 / CHIBA FOTOが開催となりました!

そんな中で植える野菜

「冷たい熱帯魚」園 子温

金継ぎ体験教室 5月再開のお知らせ

突撃アートギャラリー「PAINT IT BLACK」 二羽 優太

「イン・ディス・ワールド」マイケル・ウィンターボトム